中日本ドローン協同組合の設立

中日本ドローン協同組合の設立

本日のニュースで珍しくドローンについて取り上げられていましたのでご紹介します。

静岡県内のドローン(小型無人機)関連業者がドローン普及へタッグを組むという内容です。

7社が集まり「中日本ドローン協同組合」を設立したそうです。

主な目的は、以下のとおり

災害対応、空撮業務などの共同受注
操作技術の向上
自主規制の整備

だそうです。

岡山でも感じましたが、ドローン関連の事業者は中小企業が多いですね。

組合としてまとまることで、一括受注を目指されることと思います。

ドローン業者による協会の設立はありますが、ドローン業者による協同組合の設立はあまり聞きませんので珍しいですね。

協同組合はイベントや宣伝動画向けの空撮、建設現場での撮影や行方不明者の捜索、防災でドローンの活用などを行って行き、並行してドローン操縦者の教習業務も手がけるようで、本年度は警察や自治体などに向けても営業活動をスタートするそうです。

ぜひ、このように民間1社ではどうにもならないことを、組合や協会を設立することにより地域対応できると良いですね。

私もドローンを所持する一人として、考えていかなければなりません。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする