ドローン検定 試験の出題範囲改定

ドローン検定 試験の出題範囲改定

ドローン検定が5月に実施されます。

宜しければ皆さん、受験されてはいかがでしょうか?

ドローン検定模擬試験はこちら(リンク

5月21日実施 第17回無人航空従事者試験のご案内

5月21日(月)に実施されます第17回無人航空従事者試験の受験申込が始まりました。
実は、出題範囲改定前、最後の試験となるようです。
試験申し込みを行うと、今までまでは2級受験申込における資料の【無料配布】が行われていましたが、2級テキストが販売されたことから、今回の第17回が最後となるようです。
そのため、平成30年度実施の第18回以降、2級のPDF送信はありませんのでご注意ください。
また、各会場、定員になり次第受付を締め切りとなりますので、急ぎ申し込みくださいね。

無人航空従事者試験平成30年度受験申込受付分(第18回)より出題範囲が改定されます。

この改定は、7月22日(日)試験の第18回試験より適用されるようです。

改定後の出題範囲については、平成30年5月中旬にドローン検定協会ホームページにて
正式に公開されますので注目ですね。

現在販売されている「ドローンの教科書 標準テキスト(第3版以降)」は、改定後の出題範囲をすべて含んでおりますので、引き続き使用可能です。

ドローンの教科書 上級テキスト 予約販売について

先ほどご紹介させていただいた、「ドローンの教科書 上級テキスト無人航空従事者試験2級対応」が予約販売を開始しました。私も早速予約してしまいました!

※予約受付は数量限定です。予めご了承ください。
※本書は第18回無人航空従事者試験より対応します。
※第16回及び第17回試験ではご使用になれません。

ドローン教習所について

ドローン教習所では、1時間単位で操縦訓練を受講することが可能です。

操縦訓練時間は、国土交通省に許可・承認申請を提出する際に、(10時間の)飛行時間として認められます。

※基礎技能講習修了を目的としない場合でも訓練を受けていただくことが可能です。
(例えば、ご自身で7時間飛行されており、あと3時間だけ飛行時間が欲しい場合など。
ただし、シミュレーター訓練のみでの許可承認申請はできません。

この訓練は、国土交通省に提出する許可承認申請における無人航空機(マルチコプター)飛行時間として認められます。基礎技能講習又は応用技能講習の全課程を修了された場合は、国土交通省への許可・承認申請時に書類の一部が省略されます。

ログブックをお持ちの方はご持参ください。

座学受講費:1時限4,000円
シミュレーター訓練費:1時限3,000円
実機訓練費:1時限8,000円
修了試験:8,000円
認定料:無料
※認定校によっては入校金が必要な場合があります。

また、私がいる青森県にもドローン教習所があります。

★ITHドローンスクール校(ITH合同会社実施)

場所:ITH DRONE ARENA(青森県八戸市青葉2丁目10-3)

今年の勉強の一つにドローンはいかがでしょうか!?




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする