インフラ 老朽化 災害 ドローンで解決へ

インフラ 老朽化 災害 ドローンで解決へ

こんばんは。

ドローンの活躍の場面が増えてきた実感があります。

青森県でもドローンスクールが開設されるようですし。

さて、不動産各社でインフラ点検や、建設現場の管理にドローン(小型無人機)を活用する事例が増えてきました。

作業員が現場を歩き回って目視で確認するよりも効率よく作業を完了させることができるほか、点検の質を向上させることも見込まれますよね。

三菱地所は2月、東京・丸の内でオフィスビルの空調用エネルギーを供給する熱プラント間を結ぶトンネルの点検を試験的に実施したそうです。

ドローンベンチャーのブルーイノベーション(東京・文京、熊田貴之社長)などと共同で、電波の届きにくい地下でも自律飛行できるドローンを使ったことが特徴です。

トンネルは「熱供給用洞道」と呼ばれ、空調用エネルギーを供給する熱プラントとオフィスビルを結んでいました。

丸の内地区の地下に整備されている重要なインフラ網の1つですが、現在は作業員が目視で破損や漏水、腐食などがないかを点検しています。

そこで、ドローンを使うことで作業効率を高める狙いがあります。

ドローンの制御には通常、全地球測位システム(GPS)が使われるが、トンネルがある地下ではGPSの信号が届きにくく利用には向きません。

トンネル内は通路幅が60センチメートルほどと狭く、周囲の配管に衝突させずに安定的に自律飛行をさせるのも難しいですね。

そこで、トンネル内で活用するドローンはGPSに代わって全方角の障害物を検知できるレーザーセンサーを取り付け、カメラモジュールと併用することで現在地の把握や障害物を自動回避するように工夫をしています。

あらかじめ指定したエリアを自動飛行し映像を送ります。

実用化は未定です、作業員による目視と分担することで「点検の質向上が期待される」と期待しています。

三井不動産は建設現場をドローンで空撮し、進捗管理や計測などに活用する取り組みを進めていて、東京・日本橋のビル建設現場ではドローンが地上100メートルまで上昇し、現場を回って写真を撮影し実物に近い3次元(3D)データを作り上げたそうです。

建設業者やデベロッパーでも活用できるドローン。

新聞や雑誌でもドローンを見かける機会が増えて来ています。

楽しみですね!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする