(考察)ドローンの可能性と成長性について

(考察)ドローンの可能性と成長性について

国内のドローン市場は少しずつではありますが、活性化してきていると思います。

ドローン関係者とは八戸にきてから連絡を取ることがたまにありますが、ドローン元年とも言われる2018年、実証実験も増えてきていますよね。

インターネットで「ドローン」「実証実験」と検索すると多くのニュースを拾うことができます。

このドローンの登場が、後50年ほど昔の日本であればどうだったでしょうか。

高度成長期で一気に普及したかもしれません。

※その時代の技術でドローンが作れたか作れないかはおいておいて

今の日本は先進国特有の規制が多く、頭の良い方の利権争いもあり、ルールが非常に多くなったと思います。

中国では未だにこのようなことが許される環境だそうです。

とあるコンビニで(無人)4元のドリンクを購入したら、アプリでは7元のカップラーメンを請求されたようです。

購入した方は、まだまだ技術が発展中で課題があるんですね、とあっけらかんとしていたそうです。

今の日本には無い文化かもしれません。

中国は発展途上国扱いですが、既に先進国では無いでしょうか。

確かに貧富の差は激しいですがね。

人は安い時はあまりクレームを言いませんが、10円でも高いとあっと言う間にクレーマーになります。

便利になるチャレンジをしているなら多少はしょうがない。

故意で、少しずつ設けているなんて悪い人はダメですが、多少のミスは・・・。

今はシステムの発展により、いろいろなものがチェックされてしまい、人間のミスを機械が気付き、人間のミスを吊るし上げ、人は疲弊していきます。

ドローンのような新技術も、墜落、覗き見などの悪いところがクローズアップされ、良い点が余りにも見過ごされているような気がします。

行政の方もようやくドローンの可能性に気付きつつありますがまだまだです。

規制ばかりでなく、特区のような考え方を国にも持ってもらえると良いのですが・・・。

また、人も少し寛大な心を持つ、世の中になると良いですね。

そうすれば、日本もリスクを取り成長できるのかもしれません。

誤ったら、笑顔で指摘できるくらいの寛大さがあれば!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする