岐阜で発生したドローン事故 点検怠り落下容疑で書類送検

岐阜で発生したドローン事故 点検怠り落下容疑で書類送検

こんにちは。

昨年11月に岐阜県大垣市の公園で、小型無人機「ドローン」がイベント中に落下したのを覚えていらっしゃいますでしょうか。

ドローンの落下により、来場者が負傷した事故ですね。

その後どうなっているか、気になっていたのですが・・・。

報道によると、岐阜県警は6日、業務上過失傷害と航空法違反容疑で、操縦していた同県各務原市のドローン事業会社「空創技研プロペラ」代表の男性(38)を書類送検したそうです。

国土交通省によると、事故は、ドローンの落下で操縦者本人や関係者ではない第三者が負傷した初めてのケースだったそうです。

今回の書類送検容疑は昨年11月4日、大垣市の公園で開かれたイベントで、ドローン(直径約120センチ、高さ約55センチ、重さ約6キロ)の飛行前の点検を怠りプロペラ部分の不具合を見落としたため、飛行中に約10メートルの高さから落下させ、同県瑞穂市の小学3年の女児(8)や同県海津市の男児(6)ら3人に軽傷を負わせた疑いです。

またこのイベントで、国交省大阪航空局に昨年10月に申請し、飛行許可を得た機体とは別のドローンを飛ばした疑いもありました。

当時、飛ばしたドローンから菓子をまく企画が行われ、多くの家族連れなどが周辺にいたそうです。

お菓子をまくイベントは珍しいから印象に残っています。

同航空局は昨年12月、風速や搭載重量の計測が不十分だったとして会社を厳重注意していましたよね。

その結果、国交省は今年2月、イベントでの飛行時の立ち入り禁止区画を、飛行マニュアルで明確化しています。

このような事故があると、法整備がより厳しくなりますよね。

きちんとした対策、教育を希望します。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする