ドローンが活躍 北海道厚真町での捜索へ

ドローンが活躍 北海道厚真町での捜索へ

北海道で震度7を観測した地震から3日目となった8日、土砂崩れなどの被害が集中した厚真町では、安否不明者の死亡が相次いで確認され、無事の再会を祈り続けた親族や友人は深い悲しみに包まれた。生存率が大きく下がるといわれる「72時間」は9日未明。自衛隊や消防はいまだ安否が分からない住民の捜索を急いだ。
北海道は地震による死者が35人になったと発表した。このうち、厚真町の死者は31人。
同町ではなお3人が安否不明となっており、8日は自衛隊員約4500人、消防隊員約700人のほか、警察官約400人が捜索にあたった。隊員らは前夜に降った雨で足元がぬかるむなか、大量の土砂を運び出した。
同町幌内地区に住む宮崎明さん(69)は土砂崩れで家屋が崩壊し、一緒に暮らす母、キヌエさん(92)の行方が分からなくなった。厚真町役場の近くにある避難所にいたとき、携帯電話が鳴った。「そうか……。まだ体は埋まった状態? うん、わかった」。静かに答えた宮崎さん。
電話の相手は現場で作業に加わっている重機会社の知人だった。キヌエさんが見つかったという。「たぶん、母ですね。息はしてないみたいで」。そこで言葉を切ると、目に涙を浮かべて携帯電話を強く握りしめた。その後、キヌエさんは死亡が確認された。
死者、不明者が多い厚真町吉野地区では午後3時すぎ、安否不明者の親族とみられる男女が消防職員に伴われて捜索現場に到着。沈痛な面持ちで、土砂に埋まり地震前とは変わり果てた現場付近を見渡していた。
同地区周辺には、自衛隊や応援に駆け付けた東京消防庁の車両などおよそ50台が待機。自衛隊員はドローンを操作しながら上空からも捜索し、救助犬も投入された。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする