ヤマトHD 米ヘリメーカーと協業 ドローン物流開拓目指す

ヤマトHD 米ヘリメーカーと協業 ドローン物流開拓目指す

こんにちは。

空の物流革命が起きるのか、とても楽しみです。

ヤマトホールディングス(HD)は12日、米ヘリコプターメーカーのベルヘリコプターと、物資輸送専門の無人航空機(ドローン)システムの開発で協業すると発表しました。

両社の持つノウハウを生かして機体開発を進め、2020年代半ばの実用化を目指すとのこと。

ベルは、民間用ヘリを世界で初めて実用化し、国内での納入実績は1500機を超えるそうです。

ヤマトHDは物流のノウハウを生かし、荷物を入れる容器を中心に開発を担当するとのこと。

試作機は、2枚の翼に計4台のプロペラを配しており、荷物の搭載重量は35キロを想定しており、来年8月までにテスト飛行を行うようですね。

ヤマトHDは、ドローンを活用した空輸システムの構築により、新たな需要創出につながると見込んでいます。

各家庭に荷物を届ける宅配や小口配送ではなく、「重量数十キロの荷物の配送を多頻度で行う」活用を想定しているようですね。

ベルは、ドローンの市場について、物流分野が有望とみており、機体開発で物流業者のニーズを取り込む狙いがあるそうです。

将来の新たな空の輸送モードの構築に向け
ベルとヤマトホールディングスが基本合意書を締結

将来の新たな空の輸送モードの構築に向け
ベルとヤマトホールディングスが基本合意書を締結

【2018年10月12日|テキサス州フォートワース】米国テキストロン社(NYSE:TXT)傘下のベルヘリコプター(以下、ベル)と日本のヤマトホールディングス株式会社(TYO:9064 以下、YHD)が、将来の新たな空の輸送モードの構築に向けた協力を行っていくことで合意しました。これまで培った空と陸のノウハウを融合させて空における新たな輸送モードによって傑出した顧客体験を創出し、eVTOL機(Electric Vertical Take-Off and Landing:電動垂直離着陸機)を活用した物流領域においてグローバルリーダーを目指します。両社は2020年代半ばまでにこれを実用化する予定です。

ベルでイノベーション部門のヴァイス・プレジデントを務めるスコット・ドレナンは、次のように述べました。

「ここ数年間、ベルのチームは画期的な新時代のソリューションに焦点を絞りなおすことで、世界中の顧客サービス強化を目指してまいりました。ベルの専門技術を活用することで、既存の民間物流のあり方を変革できることに大きな期待を抱いています。両社の協力を通じて新たな空の輸送モードの構築を実現し、将来の大規模物流の先例を世界に示したいと切望しております」

ベルは、ポッド(外装式輸送容器)を搭載するAPT(Autonomous Pod Transport:自律運航型ポッド輸送機)の設計、開発、製造を主導します。YHDは、これまで培ってきた幅広い物流業務におけるノウハウを活かしたポッドを開発します。両社は、2019年8月までに開発したAPTとポッドの飛行及び機能デモンストレーションを実施します。

YHDの経営戦略およびデジタルイノベーション推進室担当常務執行役員牧浦真司は次のように述べています。

「我々が物流サービスを提供してほぼ1世紀が経とうとしています。より高品質な配送サービスをお客様に提供できるよう、ベルと共同で実現する次世代のテクノロジーソリューションを駆使して新たな顧客価値の創造に貢献できることを喜んでおります。」

ベルのAPTは、テイルシッター型の電動垂直離着陸機に革新的なペイロードポッドを搭載します。この電動垂直離着陸機は時速100マイル(時速160km)以上の速度で飛行し、小型機の最大積載量は15ポンド(7kg)で、大型機では1,000ポンド(453kg)の積載量になります。APTの能力によって完全に別次元の輸送サービスやオペレーション効率の向上が実現出来ます。

イメージ画像

イメージ画像

【報道関係お問い合わせ】

ベルヘリコプター株式会社
和田
TEL:03-4510-7525
Mail:mediarelations@bh.com
ヤマトホールディングス株式会社
広報戦略担当 山本
TEL:03-3541-4141

【一般のお客様お問い合わせ】

ヤマトホールディングス株式会社
デジタルイノベーション推進室 伊藤
TEL:03-3541-4141

ベルについて
既存の常識を超え、遥かな理想を追い求めること。80年以上にわたって、ベルは常に新時代の飛行体験を実現し、人類の未来を変える先駆者としての取り組みを続けてきました。
我々は常にパイオニアでした。人類で初めて音速の壁を突破し、初めて民間用ヘリコプターの型式証明を取得したのもベルでした。NASAの月探査計画には第1回から参画し、最先端のティルトローター機を市場に導入しました。現在は、オンデマンド・モービリティの未来を定義しようとしています。
テキストロンの完全子会社であるベルは、テキサス州フォートワースの本社を中心に、世界各地の戦略的な拠点で活動を展開しています。全従業員のほぼ4分の1に軍務経験があり、目標達成に向け情熱的に支えています。
画期的なイノベーションで、お客様に特別な体験を提供致します。
効率的に、信頼を得て、そして安全を第一に考えることが我々ベルの最大の使命です。

テキストロンについて
テキストロンは航空・防衛・産業・金融ビジネスの世界的ネットワークを活用して、顧客に革新的なソリューションとサービスを提供する多業種企業です。テキストロン傘下のベルヘリコプター、セスナ、ビーチクラフト、ホーカー、ヤコブセン、カウテックス、ライカミング、E-Z-GO、グリーンリー、テキストロン・システム等の強力なブランドは世界中で知られています。詳しい情報については、www.textron.comをご覧ください。

ヤマトホールディングスについて
ヤマトホールディングス株式会社は、宅急便をはじめとする各種輸送事業のヤマト運輸株式会社、法人向けロジスティクス事業のヤマトロジスティクス株式会社、さらにはe-ビジネス事業、フィナンシャル事業、生活支援事業などのさまざまな系列会社からなるヤマトグループの持株会社です。1919年の創業以来、ヤマトグループは日本で初めて路線トラック事業を開始し、宅急便サービスを確立するという2つの大型イノベーションを日本にもたらしました。創業100周年となる2019年を前にして、ヤマトグループは第3のイノベーションである「バリュー・ネットワーキング」構想を推進し、個人のみならず企業の顧客にもビジネス上の競争力をもたらす価値創造に取り組んでいます。日本全国の自治体と連携して地方活性に貢献する「プロジェクトG(Government)」や、アジア諸国での宅急便サービス展開によって国境を越えた物流ネットワークを構築する国際戦略にも注力しています。宅急便ネットワークに系列会社の機能を統合することで、ヤマトグループは引き続き新しい共通価値を創造してまいります。

以上

ヤマトホールディングス(HD)は12日、無人輸送機を米国企業と共同開発すると発表した。ドローン(小型無人機)での配送実験などが世界で進むなか、ヤマトはより大きい「空飛ぶトラック」の実用化をにらむ。安全性や法整備といった課題は多いものの、空の移動革命は米中などで既に始まっており先陣争いが激しくなる。
 ヤマトが開発する無人輸送機は電動垂直離着陸型機(eVTOL)と呼ばれ、ドローンと飛行機の中間にあたる。いわば重い荷物を遠くまで速く運べる「空飛ぶトラック」で、数十~数百キロメートルの中長距離を飛ぶ、より本格的な次世代輸送手段と位置づける。
 共同開発の相手に選んだのは米ヘリコプター製造大手のベル・ヘリコプター。同社の技術は時速160キロメートルという、トラックより速い速度で空を飛べるのが特徴だ。小型機種でも約7キログラム、大型のものでは約450キログラムまで積載できる。
 「世界で最良の、最先端のテクノロジーを活用したかった」。ヤマトHD幹部はベル社を選んだ理由をこう説明する。ベル社は米ウーバーテクノロジーズや米航空宇宙局(NASA)とも開発を手掛ける。日本にもトヨタ自動車などが支援するカーティベーターなど開発主体は複数あるなか、ヤマトの商用化への本気度がベル社を選んだことで垣間見える。
 空の物流手段としていち早く普及するのがドローンだ。性能が時速数十キロメートルで積載重量は数キログラム、航続時間は30分未満のものが多く、小さな荷物の宅配などが中心だ。
 欧米では米UPSや独DHLが実験や離島への配送などに取り組み、米アマゾン・ドット・コムも通販の配送への活用をめざす。日本では日本郵便がNTTドコモなどと、楽天はローソンや東京電力ホールディングスのグループ会社などと組み、それぞれ実験する。
 空飛ぶクルマの実用化の利点は多い。道路渋滞による長時間乗務などを背景にした運転手不足や、二酸化炭素(CO2)の排出による環境負荷といった陸上トラック運送をめぐる問題が緩和する可能性がある。だが実現への課題は多い。
 第1に開発面において、空飛ぶクルマは大型の機体で有人旅客輸送や重量のある荷物の運送にも使われるため、安全性を担保する自律飛行技術や、電池など動力源の開発など求められることは多い。開発費用も空飛ぶタクシーの場合で1機あたり100億~300億円との試算がある。
 第2は離着陸場や通信のインフラや制度の整備だ。特に日本のドローンを巡っては、15年に首相官邸を含め各地で落下事故が相次いだ経緯から飛行制限に関わる航空法改正など規制が先行した。その後、国土交通省などが目視外でもドローンを飛ばせるようにするルール作りを進めている。
 最大の課題は空飛ぶクルマになると、有人機と無人機が混在し「明確な定義が定まっていない」(国交省)点だ。制度整備もまだ具体的になっていない。日本では8月に官民協議会が発足したばかりで、年内をめどに行程表をまとめて、今後の進め方を定めるという段階だ。
 空飛ぶクルマを巡っては、世界では技術開発段階から一歩先を行く。欧州の航空機大手エアバスは4人乗り有人機で実用化をめざし、中国のイーハンは1人乗り機体を開発し中東・ドバイで年内に実用化するという。米インテルが「エアタクシー」として事業化をめざす独社製有人機などの開発も急ピッチで進んでいる。
 電動化、自動化、シェアリング(共有)という陸の移動を巡る3大潮流は、空の移動にも広がり新たな富を生む。関連する事業やサービスも生まれる可能性は高い。移動革命の波に出遅れないために、技術開発だけでなく官民の課題解決への速度も上げる必要がある。

ホームページトップへ




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする