2020年ドローンデビューをするために必要な知識とは?

2020年ドローンデビューをするために必要な知識とは?

久しぶりのブログ更新をさせていただきます。

この記事を見ていただいていると言うことは、少なくとも皆さんは「ドローン」に興味を持たれていると言うことだと思います。

私が「ドローン」に出会ったきっかけは、仕事の関係で岡山県に住んでいた際、業務上、異業種との連携を模索しており、岡山県ドローン協会(現在は解散)の会長と出会ったことがきっかけでした。

お互いに情報交換をしていくことで、今まで自分が持っていたドローンに関する知識が誤っていたことを知り、また、様々な分野で役に立つ技術だと確信しました。

ドローン初心者の私がドローンに興味を持ったのはそんな馴れ初めがありました。

では、2020年(令和2年)にドローンデビューするために必要なことについてお伝えしていきたいと思います。

ドローンは便利なツールである反面、危険な一面もあると言うことを知っておかなければなりません。

最近はテレビでもドローンを活用した上空からの映像を見ることができますが、人口密集地区で飛ばすことで、事故が発生してしまうこともあります。

岐阜県大垣市の大垣公園で2017年11月、上空から菓子をまくイベント中にドローンが高さ約10メートルから落下し観客が負傷した事故。

航空法違反の罪に該当したそうです。

と言うことで、今回は2020年(令和2年)ドローンデビューする際の事前準備についてご紹介させていただきたいと思います。

その1:ドローンに関連する関連法規・ルールを理解する

面倒臭いと思った方も多くいらっしゃると思います。

ただ、自動車に乗る時にもきちんと関連法規・ルールを理解してからでないと運転できないように、ドローンも同様です。

現在はまだ運転ライセンスのようなものはありませんが、まずは関連法規・ルールを知ることで、他人もそうですが、自分自身を守ることにもつながります。

安易に街中でインターネットで購入したドローンを飛ばして「逮捕」されても大変ですから。

購入するのは簡単ですが、飛ばす場所などを見付けるのも大変です。

そう言った基礎知識をつけるのに最適なのが「ドローン検定」です。

私はドローン検定3級から受験し、2級、1級と受験したことで、岡山県、岡山市の職員に対して講習を行ったこともあります。

まずは、「ドローン検定」の受験からスタートしましょう。

当ブログ内で、ドローン検定制度をご紹介していますので、ご覧ください。

ドローン検定 模擬試験 を作成いたしましたので宜しければ、試験勉強の参考にしていただければと思います。私の方で勉強した情報をまとめていますので、誤字脱字や回答が誤っている可能性はありますので、ご理解いただきお使いください。試験については、きちんとテキストを勉強していただき、その補助的なツールとしてお使いください。※試験ページへのリンクは下の方にあります(まずはドローン検定の紹介を)

その2:用途にあったドローンを購入する

ドローンにも色々な種類がありますが、個人的には趣味レベルで遊びで使う場合は「200g未満」のドローンをお勧めします。

将来、本格的に商業利用(業務利用)しようと考えられている方はその限りではありませんが、200g未満のドローンでもしっかり動画は撮影できますし、かなりの性能を持っています。

何故200gに拘るかと言うと、200g未満のドローンは航空法の適用外だからです。

ドローン検定を勉強すると分かるのですが、200g以上のドローンは飛ばすのにかなり場所を選びます。

そう考えると、まずデビューするのであれば200g未満のドローンからお値段も手頃ですのでスタートされてみてはいかがでしょうか。

その中でお勧めはこちら。宜しければこちらからどうぞ。

2019年 おすすめ ドローン のご紹介 2018年も残すところわずかになりました。 2018年はドローン元年と呼ぶ人もいました...

その3:保険の準備をする

ドローンを飛ばす前に、保険の準備をすることが必要となります。

基本的には以下リンクに整理をしていますが、各保険会社に確認をすることをお勧めします。

2018年 ドローン保険 について まとめ 2018年は ドローン 元年と言われています。 皆さんは...

ドローンをプライベートで飛ばす場合は、第三者に対する「賠償リスク」、ドローン自体の破損リスクに備える「物リスク」を考えれば良いとお思います。

賠償リスクは、「個人賠償責任特約」で一般的には補償可能です。

自動車保険、火災保険、傷害保険の特約で加入できますので、宜しければ保険会社に確認をしてみることをお勧めします。

特約保険料も年間2,000円前後ですので、負担は少ないと思います。

続いて「物リスク」ですが、素人が操縦し、落下したら全損(完全に壊れる」リスクが高いドローンはどの保険会社も引き受けに後ろ向きです。

企業が商業用に使用する業務用ドローンは「動産総合保険」での引受を行っていますが、プライベートドローンは「火災保険の特約携行品損害補償」の対象外としている保険会社が増えてきました。

基本的には購入時にメーカーが保険制度を準備しているケースが多いので、そちらで加入することをお勧めします。

その4:いよいよドローンを飛ばす

ドローンをいよいよ飛ばすことになりますね!

事前準備をしてきた皆さんであれば、かなり知識はついてきていると思います。

先程ご紹介させていただいたドローンは、最新のセンサーが付いていますので、驚くほど安定して飛ばすことができます。

天候(主に風)にも左右されますが、まずはドローン練習場を探しましょう。

廃校や自動車教習所などでレッスンを受けることもできます。

何事もお金はかかりますが、最初にきちんと訓練することが大事です。

合宿なんかもありますので、宜しければ活用くださいね。

まとめ

とても便利なドローンですが、航空法を始めとしたルールを理解し、保険で備え、楽しく飛ばしましょう。

私もアーリーリタイアした後に、全国で飛ばしたいと思い、練習は欠かせません。

皆さんも大人の趣味の一つとして、ドローン始めませんか?

まずは、ドローン検定の問題(イメージ)をこちらから体験ください。

ドローン検定 模擬試験 を作成いたしましたので宜しければ、試験勉強の参考にしていただければと思います。私の方で勉強した情報をまとめていますので、誤字脱字や回答が誤っている可能性はありますので、ご理解いただきお使いください。試験については、きちんとテキストを勉強していただき、その補助的なツールとしてお使いください。※試験ページへのリンクは下の方にあります(まずはドローン検定の紹介を)

<ドローン検定:3級・4級テキスト>

<ドローン検定:2級テキスト>


面白ニュースランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンヘリ・飛行機へ
にほんブログ村




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする