ドローン アーカイブ - 無人航空機(ドローン)の情報を発信するブログ

ドローン一覧

ドローン 共用オフィスの有効性

「ここにいるだけで巨大な中国の投資家やスタートアップとつながれる」。同年7月に入居した米国のドローン開発ベンチャーの社員は効果を実感する。この共用オフィスでは中国から投資ファンドや企業を招いてのイベントなど、様々な交流機会を提供している。  15年創業のユーコミューンは中国に約90カ所の共用オフィスを手掛け、法人会員は世界で3000社超に及ぶ。創業者の毛大慶会長は「東南アジアは言語や文化が多様。共用オフィスの入居者は交流を通じ現地特有の慣習も学べる」と話す。

ドローン 商業利用 広がる米欧 日本は実験にも壁

ドローン 元年 日本では今年がドローン元年となる事を期待しています。欧米、中国でのドローン活用は進んでいますよね。小型無人機(ドローン)の商業利用が世界で広がっている。機体に搭載するカメラでの空撮だけでなく、ネット通販で購入した商品の配送に使う取り組みも進む。米国では昨年、トランプ大統領がドローンの規制緩和を促す大統領令を公表。自治体ごとにルールを定められるようにした。

ドローン 活用 災害時に協力 尾道市が協定締結

ドローンを活用を活用した協定が新たに締結されました。 この動きが全国へ広まると良いですね! 広島県尾道市の廃校でドローン(小型無人機)の操縦教室を開いているモー・チェ(広島県福山市)は18日、尾道市と災害時にドローンを使った情報収集で協力する協定を結んだ。発災時にカメラ付きドローンを飛ばして被災現場の映像を取得する。将来的には広島大学が研究するロボットアーム付きドローンで薬や縄ばしごなどを届けることなども検討する。

ドローン 「スマート農業」青森で挑む

青森県の農業関連3社が2018年春、人工知能(AI)やあらゆるモノがネットにつながる「IoT」などを駆使して経営を高度化する「スマート農業」の実証実験を始める。青森は東北で一番の農業県だが、高齢化や人口減少による担い手不足は深刻だ。最先端のIT(情報技術)を導入し効率的で付加価値の高い農業経営をめざす。

ドローン 九電 設備の腐食を自動判別 迅速な保守計画支援

 ドローン の活用事例はみなさん結構間違っていて「輸送」がメインだと考えていらっしゃる方が非常に多いのが現状です。 実は違うんですよ。 「インフラ点検」これが、ドローンの能力を発揮できるポイントです! 九州電力は鉄塔などの設備で金属部分の腐食を自動判別する技術を開発した。 ドローンなどで撮影した画像を基に、腐食度合いを10段階で客観的に判別できるのが特徴。人の目による判断の個人差を解消し、設備更新などの計画を迅速に立案できるようにする。

ドローン 高速処理 AI・センサー向け

ドローン 高速処理 AI・センサー向け データ処理の仕事を効率よく割り振る回路を設計し、GPU(画像処理半導体)やクラウドを使わずに高速処理する。近く製品化を計画し、自動車やドローン(小型無人機)、産業用ロボットなどのセンシング需要を見込む。

ドローン スカイロボット 超小型赤外線カメラモジュール「Boson」を量産開始

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(本社:東京都中央区、代表取締役社長:貝應大介)は、昨年 2017 年 8 月にローンチした世界最軽量クラス・赤外線サーモグラフィカメラ Boson の量産を 1 月 16 日(火)より開始いたします。この度、量産を開始する Boson は、1 月 17 日(水)から 19 日(金)まで東京ビックサイトで開催する「ロボデックス ロボット開発・活用展」スカイロボットの特設ブースにて、展示を行います。その他に、農業用ドローン、新動力のドローンもご紹介予定です。

ドローン オプティムなど 農業にAI

オプティムはドローンで撮影した農場の画像をAIで解析して病害虫被害の場所だけにドローンで農薬をピンポイント散布したり、音声認識で農作業の管理書類を作成したりする技術を持つ。みちのく銀は同技術の導入を農家に促す。 第1弾として今春からワイン醸造のサンマモルワイナリー(青森県むつ市)のブドウ園で病害虫被害予測による減農薬栽培の実証実験に取り組む。農産物の安全性に関する国際認証である