無人航空機(ドローン)の情報を発信するブログ - ページ 2 / 7 - 無人航空機(ドローン)の情報を定期的に発信いたします

ドローン 高速処理 AI・センサー向け

ドローン 高速処理 AI・センサー向け データ処理の仕事を効率よく割り振る回路を設計し、GPU(画像処理半導体)やクラウドを使わずに高速処理する。近く製品化を計画し、自動車やドローン(小型無人機)、産業用ロボットなどのセンシング需要を見込む。

ドローン スカイロボット 超小型赤外線カメラモジュール「Boson」を量産開始

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(本社:東京都中央区、代表取締役社長:貝應大介)は、昨年 2017 年 8 月にローンチした世界最軽量クラス・赤外線サーモグラフィカメラ Boson の量産を 1 月 16 日(火)より開始いたします。この度、量産を開始する Boson は、1 月 17 日(水)から 19 日(金)まで東京ビックサイトで開催する「ロボデックス ロボット開発・活用展」スカイロボットの特設ブースにて、展示を行います。その他に、農業用ドローン、新動力のドローンもご紹介予定です。

ドローン オプティムなど 農業にAI

オプティムはドローンで撮影した農場の画像をAIで解析して病害虫被害の場所だけにドローンで農薬をピンポイント散布したり、音声認識で農作業の管理書類を作成したりする技術を持つ。みちのく銀は同技術の導入を農家に促す。 第1弾として今春からワイン醸造のサンマモルワイナリー(青森県むつ市)のブドウ園で病害虫被害予測による減農薬栽培の実証実験に取り組む。農産物の安全性に関する国際認証である

ドローン ・ジャパン㈱ 勝俣喜一朗氏

ドローン の利活用を通じて、IOT、「精密農業」などの新しい事業や既存事業における新たなビジネスモデル開発などを支援する目的で、2015年12月に発足したドローン・ジャパン株式会社の代表取締役社長 勝俣喜一朗様と本日岡山県で2度目の面談をさせていただきました。 久しぶりにお会いしましたが、同氏の魅力は増すばかりでとても良い面談となりました。 「農業×IT」 「精密農業」って皆さんピンと来ますか?

ドローン 全天候型 政令市で導入へ 孤立地域の把握迅速に

自治体の活用に期待が持てますよね! 民間の我々も知見をお伝えしていかないといけません。 総務省消防庁は大雨や強風など過酷な気象条件のもとで飛行できる「全天候型ドローン(小型無人機)」を2018年度から全国10の政令市に導入する方針だ。7月の九州北部豪雨では国のプロジェクトの一環で開発中のドローンが初めて災害現場に投入された。民間でも開発が進んでおり、人が近づけない危険な災害現場で、孤立地域にいるけが人などの情報の迅速な把握が期待されている。

ドローン Japan Drone 2018の開催

ドローン Japan Drone 2018の開催案内を共有します。 内容:日本最大!ドローンに特化した「単独開催」の国際展示会&コンファレンス 日時:2018年3月22日(木)~2018年3月24日(土) 10:00~17:00 主催:一般社団法人日本UAS産業振興会 共催:株式会社コングレ、株式会社スペースメディアジャパン

ドローン DJIのドローン「Mavic Pro」はどれほど静かになのか実機レビュー

2016年9月、「Phantom」などのドローンで有名なDJIから、コンパクトで携行性に優れるドローン「Mavic Pro」が登場しました。安定性・操縦性の良さや、「アクティブトラック」と呼ばれる自動追尾撮影システムを搭載することなどにより非常に高い評価を得たドローンとなっています。そして2017年10月、その「Mavic」シリーズから飛行時間が延びて音が静かになった新モデル「Mavic Pro Platinum」が登場しました。DJIから借りることができたので、早速飛ばして確かめてみました。

ドローン iモードの呪縛 成功体験が裏目 インフラ重視 サービスは後手

その意味ではIoT革命は日本企業には新たなチャンスといえる。IoTはソフトやサービスだけでは実現できず、日本のものづくり技術が必要とされているからだ。IT分野における失われた20年を取り返すには、自動運転やドローン(小型無人機)など成長が見込める分野で、規制緩和を通じ新しいプレーヤーを育てることが必要である。