無人航空機(ドローン)の情報を発信するブログ - ページ 3 / 7 - 無人航空機(ドローン)の情報を定期的に発信いたします

ドローン のビジネス活用セミナー(栃木)

▽ドローンのビジネス活用セミナー 2月9日午後1時半~3時半、宇都宮市のホテルニューイタヤで。ドローン(小型無人機)を飛ばすための基本の法規制や活用事例を専門家が説明する。無料。定員50人(先着順)。31日までに宇都宮市産業政策課地域産業振興グループにファクス(028・632・2447)で申し込む。(電)028・632・2442(同グループ)

ドローン 活用 原発事故対策で鳥取県が2機ドローン導入

鳥取県は原子力災害時の避難経路の確認などにあたることを想定したドローン(小型無人機)を2機導入した。中国電力が再稼働を目指す島根原子力発電所2号機(松江市)で事故などが発生した場合、ドローンからの空撮映像を通して地域住民の避難経路の確認や捜索にあたる。  ドローンは県林業試験場と鳥取県警にそれぞれ配備する。

ドローン 手軽な5万円台も 空撮写真 インスタ投稿で需要(価格は語る)

私が持っている「ドビー」についても触れられています! みなさん、ぜひ! 建設現場の点検や人が足を踏み入れにくい災害現場の様子を撮影するなど幅広い場面で活躍している「ドローン」(小型無人機)。家電量販店などの店頭でも10万円を切る低価格タイプが増え、より身近な存在となってきた。実は交流サイト(SNS)の普及が低価格タイプの投入を後押ししている。法規や操縦方法を学べる「ドローンスクール」も増えており、受講料を引き下げる例も出てきた。  東京都千代田区のヨドバシカメラマルチメディアAkibaでは、カメラコーナーにドローンの専用ブースを設置している。ドローンの販売台数は2016年から17年にかけて2倍以上に増えているという。同店の担当者は「空撮需要の高まりが大きい」と指摘する。

ドローン の撮影スポット14選【岡山編】

私の住む県「岡山県」のドローン空撮スポットについてご紹介します。 高速道路整備率100%、新幹線や飛行機も往来し東西南北からのアクセスも良い岡山県。日照時間が長く、災害も少なく、果物の生産が盛んであるなど、多くの魅力を持ちます。移住先としても人気が高い岡山県には人々を魅了するドローン空撮に適した景勝地も沢山存在します。 今回は「ドローンで空撮すべき岡山県の美しい景色14選」をご紹介!

ドローン NEDO・富士通・NECなど、橋梁点検に用いる無人航空機の性能評価基準策定に向けた飛行試験を実施

橋梁点検に用いる無人航空機の性能評価基準策定に向けた飛行試験を実施 ―試験方法や試験環境の妥当性を検証―    NEDOは、富士通(株)、日本電気(株)、(株)イクシスリサーチ、(株)エンルート、(株)プロドローンとともに、橋梁点検のための無人航空機の性能評価基準策定に向けた飛行試験を千葉県東金市で実施しました。

ドローン 三菱電機、渋滞車にピザ配達構想

とてもユニークなドローン活用方法です。 コラムとしてどうぞ。 渋滞中の車の位置を正確に把握し、注文されたピザをドローンで配送――。三菱電機が米ラスベガスで開催中の世界最大の家電見本市「CES」で、こんなサービスの構想を示している。一見突拍子もないようなサービスにみえるが、裏には脱「ご用聞き」という営業姿勢の変化への思いが込められている。

ドローン IoTやAIなど最新技術を展示、徳島で来月

徳島県は2月2~3日に最新の情報関連技術を紹介するイベント「とくしまICTバザールVol.3」をアスティとくしま・ときわプラザ(徳島市)で開催する。約40の企業・団体が出展し、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」や人工知能(AI)などの最新技術を展示する。  2日には同会場内のホールで「ICT(愛して)とくしまフォーラム」を開催。四国4県から無人飛行機(ドローン)に詳しい識者を集めたパネル討論などを開く。

ドローン パーソルテクノロジースタッフとdo、業務提携し「ドローン人材派遣サービス」を開始

総合人材サービスのパーソルグループでIT・ものづくりエンジニアの人材派遣を手掛けるパーソルテクノロジースタッフ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:瀬野尾 裕、以下パーソルテクノロジースタッフ)は、 ドローン ビジネス専門オンラインプラットフォーム「drone market」を運営するdo株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:高原 正嗣、以下do)と業務提携し、ドローン分野の専門スキルを有した人材の教育・研修、および派遣を行う「ドローン人材派遣サービス」を2018年2月より開始いたします。

ドローン 「イノベーション起きやすい国」CTAが調査、フィンランド1位、日本は25位

日本はGDPに占める研究開発投資の比率や自動運転技術を取り巻く環境、教育を受けた労働者を抱える点では評価が高かった。一方でライドシェアやドローンなど新しい技術を取り巻く環境の評価が低く、革新的な製品やサービスを生み出すための環境づくりが課題となっていることが浮き彫りとなった。